日本生まれの仮想通貨 MONA(モナーコイン)

2chから生まれたモナーコイン。

ジョークコインのように思われがちですが、実は非常に可能性を秘めた仮想通貨なのです。

今回はそんなモナーコインについて解説していきます。

Monacoin(モナーコイン)の基本情報

名称:Monacoin

呼び方:モナーコイン

単位:MONA

開発者:Mr.Watanabe

暗号化方式:Lyra2REv2

コンセンサスアルゴリズム:プルーフ・オブ・ワークス

承認目安時間:1.5分

上限発行量:1億512万

2chから誕生したモナーコイン

日本の巨大掲示板「2ch」のソフトウェア版で書き込みをしていた「わたなべ」氏によって開発されました。

基本のコードはビットコインから派生した「Litecoin(ライトコイン)」をベースとしており、モナーコインもビットコインからの派生型です。

2013年12月23日に公開、正式なリリースは2014年1月1日となっており、当時は日本初の仮想通貨でした。

名前の由来としては2chのアスキーアート「モナー」から来ています

( ´∀`)<オマエモナー

Monacoin(モナーコイン)の使い方

2chで誕生したモナーコインは、最初のうちはほそぼそとネット上で活動しているクリエイターへの投げMONAとして使われていました。

投げMONAとは自分が気に入った作品に対して、頑張れという気持ちをこめてモナーコインを送るというものです。

最近ではモナーコインで買い物ができるサイトや店舗も存在しています。

Monacoin(モナーコイン)の躍進

そんなノンビリと使われていたモナーコインですが、注目を浴びる出来事がありました。

それが世界初のSegwit(セグウィット)の実装です。

セグウィットとはブロックチェーンに記録する情報を圧縮することによって、より多くの情報をブロックに詰め込むことができるシステムです。

セグウィットの実装には世界中が注目しており、モナーコインの価格は一瞬で4倍となりました。

そしてついに日本最大の仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」での取扱が発表され、その価格は1,000円を突破、最終的には2,000円近くまでいきました。

決済通貨としてのMonacoin(モナーコイン)まとめ

モナーコインはライトコインをベースとして開発されているため、ビットコインよりも決済通貨として使いやすいものとなっています。

具体的にはその承認スピードの部分においてなどですね。

現在、価格や承認スピードの部分でビットコインは決済通貨として使うのは不便な部分が多くあります。モナーコインが我々の日常生活に使われるのは近いのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です