送金以上の価値 Ripple(リップル)

仮想通貨Ripple(リップル)は国際決済のための分散型台帳プラットフォームです。他の仮想通貨とは違い、明確な運営元が存在しています。

今回は熱狂的なファンも存在しているRipple(リップル)について解説していきます。

Ripple(リップル)基本情報

名称:Ripple

読み方:リップル

単位:XRP

開発組織:Ripple Labs, Inc.

コンセンサスアルゴリズム:Ripple Consensus Algorithm

承認目安時間:約4秒

上限発行量:1000億

Ripple(リップル)の誕生

リップルは2012年にアメリカのシリコンバレーの企業Ripple Labs, Inc.(当時はOpenCoin, Inc. )によって公開され、その後運営されています。

メインの開発者はJeb McCaleb氏で、世界最大級のビットコイン取引所であったMt.Goxのシステム開発を行った人物でもあります。(マウントゴックスが破綻したときにはその開発チームからは離れていました)。

Ripple(リップル)の特徴

リップルはビットコインとは違い、貨幣として利用する部分に主眼をおいていません。

リップル自体はリップルネットワークと呼ばれるプラットフォームを指しており、これは世界中誰でも使用できる価値移動の合意形成をとるネットワークで、そのシステム利用料としてXRPと呼ばれる仮想通貨が使われます。

本来はリップルという仮想通貨は存在せず、リップルネットワーク上で利用できるXRPというコインが存在するというのが正しい考え方です。

しかし現在、リップルが仮想通貨を指すケースが多いですね。

Ripple(リップル)を使った国際送金

リップルはその主な利用目的として「簡単・安価な国際送金の実現」というものがあります。

リップルネットワークに存在する取引所のようなものにお金を入れるとIOU(借用証明書)が発行されます。

このIOUをリップルネットワークを利用して送金先に届け、IOUを受け取った人はそれを自分の受け取りたい通貨のものと交換して受け取ることが可能です。

この時に支払う必要のある手数料が0.00001XRPです。日本円にすると…1毛くらいですかね?

また送金にかかる時間も数秒以内で完了してしまいます。

リップルの技術に関してはみずほフィナンシャルグループやSBIホールディングスも着目しており、実証事件を行っています。

世界を狭くする仮想通貨、Ripple(リップル)まとめ

リップルは2017年にアメリカ合衆国のドルとメキシコのペソでの国際送金に成功しました。開発から実に5年もの歳月がかかっています。

今後、リップルの技術が銀行の送金に使われるようになれば、今まで以上に世界を近くに感じることができるでしょう。

リップルが欲しくなった人はまずは仮想通貨取引所の口座開設をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です